30代の基礎化粧品選び 失敗しない3つのポイントとは?

お肌のことに無頓着でいられるのは、20代までです。30代になると、肌質はガラッと変わり、基礎化粧品からこだわっていかないとどんどん加齢がすすんでしまいます。
ずっときれいなお肌でいるためにも、年齢に合った化粧品を選ぶようにしましょう。30代からの基礎化粧品を選ぶ時にきをつけたい3つのポイントを紹介します。

■保湿力が高いものを選ぶこと
年齢を重ねたお肌に一番必要なのは水分です。お肌の水分量が減ってしまうと、乾燥肌になり、ニキビなどの肌トラブルだけでなく、しわ、たるみなどの原因にもなってしまうので要注意。保湿成分がしっかり配合されているかどうかを確認しましょう。
また、保湿成分が配合されていたとしても、粒子が大きかったり、浸透力が少なかったら意味がありません。有効成分がしっかりと浸透できるような効果が期待できる商品を選んでくださいね。

■お肌に優しい成分配合のものを選ぶ
30代のお肌は抵抗力が弱まり、それまでは自分は肌が強いとで思っていたとしても、ちょっとの刺激に弱ってしまうこともあります。お肌に毎日つける基礎化粧品はできるだけ優しい成分配合のものを選ぶようにしましょう。
完全無添加とまではいかなくても、界面活性剤や乳化剤、防腐剤などを使用していない商品を選ぶのがおすすめです。1度や2度つけたくらいではあまり影響がなくても、毎日続けていくうちにダメージが蓄積されて、お肌トラブルとなって表れてしまうこともありますよ。
もともと敏感肌だという人はもちろん、そうでない場合も、極力お肌に優しい成分のものを選びましょう。ドラッグストアなどで購入できる安い基礎化粧品は、刺激の強い成分を使っている場合が多いので、気を付けてくださいね。

■商品選びは慎重に
基礎化粧品はお肌との相性が一番大切です。口コミなどを見て、良いといわれているからと言って、自分のお肌にも合うかどうかはわかりませんよね。ネット通販などで購入する場合は、価格も安くない場合が多いので、買ってみてお肌に合わず、お金だけ払って使えなくなってしまったという残念な結果は避けたいところです。
良い商品には、通常購入のほかにお得な価格で試せるトライアルセットや返金保証制度などが用意されているので、そういったサービスを利用して、じっくり吟味してください。問題なく使えることが分かってから、商品を購入するのが良いでしょう。

■3つのポイントを押さえて良い商品を選びましょう
30代からのスキンケアは基礎化粧品選びが大切です。3つのポイントを押さえて良い商品を見つけてくださいね。